のぼり

のぼりとは日本では古くから使われている伝統的な広告の一つと言えるでしょう。

その威力は絶大で、のぼりを見ただけで何を意味しているのかが分かるようになっています。

基本的に、のぼりはシンボルとしても使われることが多く、お店のロゴなどが印字されています。

中でも、メジャーなのが日本ののぼりでは1字から4字程度の文字が載っているのぼりです。

1字だけでその店は何を販売しているのかを表したり、時にはお店そのものをあらわしていたりします。

中でも、よく見るのが「らーめん」だとか「大安売り」といったのぼりですね。

そのお店が今何を人々に教えたいかをこののぼりに書き込み、伝えます。

現代社会では、デジタル化が進み、ポスターや電工掲示板などをパソコンですべて作成し、印刷することが多いですが、そんな世の中になっても、のぼりは使われ続けます。

アナログでありながら、まだまだデジタルで作成された広告に引けをとらないと言えるでしょう。

そんなのぼりの長所とはなんでしょうか。

一ついえることは、のぼりは風になびきひらひら動くことで人の注意を引きます。

そして、昔からの概念で、のぼりに欠かれている情報は、意外といい情報ということではないでしょうか。

ポスターよりも、意味のある格安セールだったり、洗車、おいしいらーめんなど何かしら人を喜ばせてくれる意味がいろいろと込められています。

そのため、人々はポスターが隣にあったとしても、ついついのぼりの方に目をやってしまうのではないでしょうか。

のぼりについて知りたい/のぼりを作りたい⇒のぼりの専門店:のぼり製作所